沿革

医療法人社団新虎の門会 沿革

 

昭和62年     時間外専門の 虎の子クリニック として千葉県浦安市弁天に開院。

           院長大前由美がこの頃より在宅医療開始する。

           当時は江戸川区、市川市、浦安市3地区で唯一の訪問医でした。

平成元年12月    虎の子クリニック浦安市日の出に移転。

   2年7月    新浦安虎の門クリニック開業。 浦安市入船ショッパーズプラザ8F。

           開業前にオープンクリニックを開催し地域の人に院内の設備を広く
           見てもらう。
           当時としては珍しかった診療科目
           内科、消化器科、外科、循環器科、整形外科、肛門科、で人間ドック
           併設。

   7年10月   ドックハーディ導入。  健診総合システム。

   8年7月    医療法人新虎の門会 設立認可。

   8年7月   (医社)新虎の門会登記。法人本部千葉県浦安市 理事長 大前利道。

   9年1月    医療法人新虎の門会 日の出クリニック 県の認可下りる。

   9年2月    虎の子クリニックを 日の出クリニックに名称変更。保健所に届ける。

  10年3月    訪問看護ステーションまごころを江戸川区に開設。所長 宇山早苗。

           アメリカ医療研修参加開始。日経メディカル主催。

ハワイ、シカゴ、フロリダ、 ワシントン、ニューヨーク、

サンフランシスコ、などへ3チーム計6名参加。
            社員旅行でロスアンゼルスへ30名くらい参加。

11年7月    医療法人社団新虎の門会 リンククリニック設立登記
           初代院長 垣原久子

  11年9月   訪問看護ステーションまごころ所長交代 2代目所長 諏訪早苗。

  11年12月  法人本部移転 千葉県から東京都へ。厚生省管轄の法人となる。

  12年1月   理事長変更 大前利道から大前由美へ。

   従来のCTからヘリカルCTに交換設置。マンモグラフィー導入し、
乳腺疾患の早期発見を目指す。
部分改装工事・・・(7階、6階事務所開設)

  13年12月  電子カルテ(ドクターソフト)導入。
           全国で500番以内の紙カルテからの変更。

           職場内でEメールによる情報交換開始。
           すべてのスタッフから院長へメールが可能となる。

  14年      特定非営利活動法人 健康増進事業支援協会 総合健診施設評価
           機構による優良施設認定、いわゆるマル優マーク取得。

           部分改装工事、定例幹部会による合議制制度開始。
            第1回アメリカ医療研修。
           (3班ハワイ、オリジナルプログラムによるもの。)

  15年      第2回アメリカ医療研修。
           (3班とも旅行会社を通さずすべてインターネットによる準備で実施。
            3班それぞれのリーダーの企画を採用。)

           サテライト事務室開設・・・浦安市美浜、江戸川区中葛西。
             新虎クリニックはADSLから光ファイバー
             (Bフレッツ)に通信変更。各サテライトと専用線で接続。

             そのラインを使った内線電話(PHS)網をほかの病院に先駆けて
             開設、セキュリティも考えて実用化。

  16年4月   全面改装工事 これを契機として7階事務所返還。
             PACS(画像伝送システム)導入。

                 レントゲン、超音波、内視鏡画像がデジタル化に。心電計をデジタル化。
                 眼底カメラもデジタル化。超音波骨塩測定装置も導入。

                 院内ネットワークのセキュリティシステム構築(個人情報の保護のため)。
                 ユニフォームにアロハシャツ採用。秋からはポロシャツも併用。

                 白衣をなくする方向で実施中。
                 国家公務員共済組合 虎の門病院 の新研修医制度認定クリニックとなる。

     9月     サンフランシスコ、ロサンゼルスへリーダー研修、10名参加。

    10月     バーコードを使った健診通過管理システム開始。
    11月     新人ハワイ研修実施。リーダー2名を含め10名参加。

           クワキニ病院、聖ルカクリニック、ホスピスハワイ、太平洋リハビリ
               センンター施設見学。

   17年2月    グアム英語研修実施。第1班リーダー含め7名参加。

     4月      グアム英語研修実施。第2班リーダー含め4名参加。

          グアム英語研修実施。第3班リーダー含め4名参加。

          日米文化センター主催の、医療経営改新のための訪米研修10日間に
                  1名参加。MALCOLM BALDRIGE賞受賞病院視察。ナッシュビル、
                  ワシントンDC、ソルトレイクシティなど。

           虎の門病院の臨床研修協力施設契約締結、新研修医の受け入れ準備を
           始める。

      5月   グアム英語研修実施。第4班リーダー含め3名参加。

      6月   グアム英語研修実施。第5班リーダー含め3名参加。

      7月   社員寮「虎の子寮」設備準備完了し、入居可能に。

      8月   グアム英語研修実施。第6班リーダー含め3名参加。

           虎の門病院の新研修医 研修開始。

      9月   グアム英語研修実施。第7班リーダー含め4名参加。

     11月   クラブ活動開始。

(文化系、運動系で9クラフ発足)スキー、アウトドア、
                   マリン、テニス、温泉同好会、グルメ、ビーズ、映画、英語生活の
                   19クラブ。

     12月   グアム英語研修実施。第8班リーダー含め3名参加。

  18年 1月   第34回 日本総合健診医学会に演題提出、3名がスピーチ。

      2月    健診部血液検査会社をBMLに変更。

      4月   日米文化センター主催の、医療経営改新のための訪米研修10日間に
                 1名参加。MALCOLM BALDRIGE賞受賞病院視察。カンザスシティ、
                      ワシントンDC、ソルトレイクシティなど。

      5月   グアム英語研修実施。第9班リーダー含め4名参加。

           禁煙外来開始(認定施設として)

      6月    グアム英語研修実施。第10班リーダー含め4名参加。

      7月   AED(自動対外式除細動器)導入。

      9月   第47回人間ドック学会(沖縄)に、演題提出、5名講演。

  19年 1月    第35回 日本総合健診医学会(岡山)に演題提出、4名がスピーチ。

      2月   ヘリカルCTをマルチCTに機種変更。

      4月    虎の子寮入居開始。求人を全国的に行えるようになった。

      9月    第48回人間ドック学会(日本橋)に、演題提出、4名講演。

     11月    0班グアム英語研修実施。4名参加。

     12月    1班グアム英語研修実施。4名参加。

  20年  1月    第36回 日本総合健診医学会(神戸)に演題提出、6名がスピーチ。

      2月    健診システム、ドックハーディV6へバージョンアップ。

      3月    新2班グアム英語研修実施。2名参加。

      4月    特定健康診査を、厚労省の開始時期に合わせ実施。

      6月   日米文化センター主催の、医療経営改新のための訪米研修9日間に
               1名参加。MALCOLM BALDRIGE賞受賞病院視察。ヒューストン、
                   ワシントンDC、マディソンなど。

      7月    第40回日本動脈硬化学会(つくば)に演題提出、1名ポスター発表。

       8月    虎の子寮改築、5名の入居が可能となった。

      9月    第49回人間ドック学会(徳島)に、演題提出、9名講演。

            新クリニック(日の出地区)建築に向け、浦安豊受神社にて地鎮祭。

     11月     新3班グアム英語研修実施。5名参加。

            幹部研修実施。

青少年交流センター うら・らめーるにて1泊2日。

講師4名、幹部と候補生9名参加。

   21年1月     第37回 日本総合健診医学会(静岡)に演題提出、5名がスピーチ。

            新4班グアム英語研修実施。4名参加。

      3月     新クリニック組織化に向けての幹部研修実施。伊香保で、2泊3日で9名参加

      4月    浦安糖尿病療養指導セミナー2009年度プログラムに参加。

当院の糖尿病チーム10名参加、その後日本糖尿病療養指導士受験のため継続的に、

多くのスタッフが参加。

      5月1日  新浦安駅前のクリニックを(医社)新虎の門会新浦安虎の門クリニッ
           クから(医社)新虎の門会新浦安ヘルスピアクリニックと改称。      

院長は大前利道。

           平成21年度順天堂大学浦安病院緩和ケア研修会に、大前由美、大前
           利道が参加。

           新しい日の出地区の新浦安虎の門クリニックは、18日から、健診センター
           OPEN。院長は大前由美。

           JABTSの乳腺超音波講習会の試験に大前利道が合格。実施者だけで
           なく指導者として認定。

      6月   1日新浦安駅前のクリニック外来センターOPEN。

            日本アレルギー学会春季臨床大会参加。

       8月   第1回順天堂大学浦安病院在宅がん緩和医療研究会に、講師として
                             
大前利道が講演。
            タイトルは「当院の在宅医療ー在宅緩和ケア普及のために」

      9月   第50回人間ドック学会(赤坂)に、演題提出、5名ポスター発表。

   22年1月   巡回健診開始に向けて準備    

      5月   巡回健診開始

23年12月  ヘルスピアクリニック閉院 

         同時に、大前利道は、日の出の診浦安虎の門クリニックの副院長となる 

24年4月   協会けんぽの生活習慣病健診巡回健診開始

      7月   大前利道 ホスピタルショーでプレゼンテーションを行う 

   25年5月   MRI検査開始

   26年1月   第7回日本健康医療学会大会の大会長に大前利道が指名を受け承諾する

           大会はH26126~7日 浦安市Wave101にて開催

   283月   現在に至る